ミニマル論

「カタカナ語変換」で欲しい、羨ましいはスッキリする【ミニマリストオススメ】

欲しい...羨ましい...でお金に困っている人へ。ミニマリスト・森秋子さんの「カタカナ語変換」が効果絶大ですよ。 

ミニマルにするために要らない3つのモノ

今回はミニマリストスタートの時を思い出し、どういう基準でモノを入れ替えたかor入れ替えたほうが良いのかを話していきます。 そもそもなぜミニマリストになってしまったのかについては以下の記事を読んでみてください。(ミニマリストになったきっかけ記事) 

おしゃれなインテリアより一輪の花を部屋に置こう

部屋をおしゃれな空間にするために、まずどうしますか?一番多い答えは、デザインの優れたインテリアを置くだと思います。確かにそのアプローチは良いですよね。空間の雰囲気を大きく変えてくれますし。でも僕の中での答えは花を部屋に置くです

僕とミニマリズムの経緯

 僕は2013年の浪人中にミニマリズムという考えを知り、極力モノを持たずに生活をするという生活をしています。 特にブームになった2015年には NEWS ZEROおはよう日本日経新聞