面倒なことこそ早く終わらせよう

引っ越し後の手続き諸々がめんどくさすぎる…

東京からUターンして3日目になりますが、

免許更新のタイミングだったり役場が遠方だったりと

自転車移動でエネルギーを消費し、夜早い時間でバタンキューです。

ただ、こういう手続きって面倒だからと先延ばしにすると

それこそより一層面倒なことになってしまうんですよね。

まさに昨日の自分がそうで、やるべきことの山に埋もれ、

結局丸一日フリーで完了したのは郵便局に転居届を出しただけ(笑)

 

他の時間は読書や映画鑑賞だったりと

優先順位の低すぎる事にうつつを抜かし、時間を無駄にしたので

自分を律するために優先順位に沿ってタスク処理をすることにしました。

面倒なことはなる早で終わらせる

 

面倒な事は往々にして重要なことだったりします。

 

ただ労力が大きいので、簡単なタスクに逃げてしまうのが人間の性というもの。

最初は手が付けられるくらい温度ですが、

放置するとエントロピー増大のようにどんどんと重要度が増し

最終的に触れられないほどの腫れ物に膨れ上がってしまいます。

まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない。

ードラッガー

簡単なタスク処理に逃げるのは、ドラクエでスライムばかり叩いてる感じです。

 

結果を出したいならキラーマシーンやキンスラのハイレベルキャラを

苦戦しながらも叩いて経験値とコインを稼がないとダメ。

人生を充実させるためにも優先順位の高い順に叩いていくことが

仕事に限らず日常生活でもすごく大事なってきますよね。

 

「今やるべきことができたら、優先順位の番号を振って、順番に片付けていこう。

(中略)

おかげで私は今すぐやるべきことを手際よく終え、安心して眠りにつくことができた。」

ー『エッセンシャル思考』

具体的な設定方法

  1. 紙に今日やるべきことを書き連ねる
  2. 費用対効果が高い順に優先順位をつける
  3. 上位3つを完遂させることに全力を傾ける(それ以外のタスクは出来なくてOKと割り切る)

 

やるべきことを紙に書く理由は

  • 有用なアイデアを忘れない
  • 「覚えているうちにやらなきゃ」と良い焦りが起こる

があげられます。紙は結構有用。

シリコンバレーの半導体ベンダー、マイクレル社創業者のレイ・ジンも

数十年前から『毎朝難しいことから手を付ける』ようにしているそう。

レイ・ジンに限らず成功者は優先度の高いことから着手しているので

凡人も彼らを見習って、やるべきことをリスト化&順位化していきましょう。

まとめ

ということで、僕の引っ越しからの現実逃避の話から

優先順位を付けて処理しようという話をしてきました。

 

今日は優先度No.1の筋トレ、No.2のブログ執筆が終わったので

No.3の住所変更手続き諸々に取り掛かろうと思います。

日中にNo.1-3を完遂できると最高なのでそれを目標に頑張りたい。

ではでは。