2018年11月に手放したモノ

 

この2年ほどミニマリストの情報発信から距離を置き、家に来客がない生活が続きました。

その結果、恥ずかしながらミニマリストと言えないレベルの「普通の部屋」に成り下がってしまいました。

ピークの時は収納棚を使わないくらいの物量だったのに、本を中心にバラバラとモノが散らばっています。

キッチンやワードローブも同様に、不要なモノが多いです。

なんでこんなに悪化してしまったんだろう?自分の管理能力の低さにため息が出ます。

最近は部屋が徐々にカオスになり落ち着かなくなってきたので、ミニマル化の過程を発信することで減らしていこうと思います。

手放したもの

書籍 約100

ある作家が

「本はアメーバのように知らないうちにどんどん増えていく」

と言っていましたが、その言葉どおり、気づいたら収納棚に約150冊の書籍が積まれていました。

プラスチックボックス1箱に収まらない本は手放すということにした結果、100冊くらい手放すことになりました。

100冊のうち30冊は廃棄or実家へ送付、残りの70冊は駿河屋というネット買取サービスに出しました。

写真にあるのは買取に出す分の書籍です。

防水剤(GORE-TEXウェア用)

3年ほど前GORE-TEXのレインウェアを持っていたときに買ったものです。

今は100均の半透明カッパor折り畳み傘で雨をしのいでいるので、野外調査をしている友人にあげることにしました

ヘルメット

ロードバイクを乗り始めた時に購入した競技用ヘルメットです。(写真は取り忘れました

街中でしか使わないとデザインが好みではないので廃棄しました。

またレースに出る時にGIROKABUTOのカッコイイヘルメットを買おうと思います。