【TOEIC始める前に】Test Your Vocabularyで自分のボキャ貧さを知ろう

今年度中にTOEIC900超えを達成するため、嫌々ながら現状を知るために英語の語彙力をチェックしました。

色々気づくことがあったので書いてみます。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

中国・春秋時代の兵法書『孫子』の中で、

最も有名なフレーズの1つかと思います。

現状(英語力)を明確にしておかなければ、

相手(TOEIC)を過小評価してボコボコにされる可能性があります。

 

語彙力チェックで使用したのは

Test Your Vocabulary

というサイト。

 

30万人以上が使った、信頼の置ける語彙力診断テストです。

 

(訳)知ってた?英語って世界で一番単語多いんだよ。

 

 

サイトを開いた瞬間にテストスタート!

 

問題も合わせて載せたいんですが、

読者の方が正確な語彙力出てこなくなるのでカットしました。

 

テストは3ページに渡っており、

1ページ目が一般問題

2ページ目が1ページ目の結果に合わせた問題

3ページ目がアンケート

となっています。

(1ページ目の解答率が高いほど、

2ページ目のボリュームと難易度が上がります)

 

・・・で、結果はというと、

 

6800words(TOEIC700点レベル)

 

・・・圧倒的な実力不足。

(TOEIC900は10000wordsです)

 

社会派ブロガーちきりんは、著書『自分の時間を取り戻そう』で、

学習曲線の図を用いて語学について、こう言っています。

旅行会話や日常会話レベルの英語力を身につけるのは、そんなに難しくありません。

しかしビジネスで交渉ができる英語力を身につけるのは、相当の時間を有しても容易ではありません。

世の中には日常会話ができるようになってからも延々と「英語の勉強」を続けている人がいますが、それは人生の貴重な時間の使い方として、正しい選択でしょうか?

 

その道で食っていく予定がないなら

成果レベル80%(←一番コスパ良い所)に留めておけ、ということですね。

 

英語学習の成果レベル80%とは?

 

英語学習で言うところの80%は、

CEFRでのC1(10,000~15,000words)くらいでしょう。

 

根拠を2つ挙げてみます。

『英語上達完全マップ』の森沢先生は、

ペーパーバックを辞書なしに楽しんで読むためには、10000万語から上の語彙力が欲しいものです。

学習レベルを超えて、言語として使いこなすためには、少し余裕を持たせて、まずは12000~13000語のレベルを目指すことをお勧めします。私自身は一気にこのレベルに到達したわけですが、劇的に英語の本が読めるようになりました。私はこのあたりにマジックラインがあるような気がします。(P. 176)

このレベルに達すると、ペーパーバック、雑誌などもたいていのものは、楽しんで読めるようになります。(P. 190)

【出典】英語上達完全マップ

と、13,000words程度で臨界点を超えるとおっしゃっています。

 

英語講師歴約35年の森田一三先生はというと、

……1万語水準で、国内の英字新聞なら…楽に読めますが、まだまだTIME・洋書では未知の語がどんどん出てくるでしょう。

……1.3万語水準で、TIME・洋書も大分クリアに読めるようになり、(P. 191)

【出典】英語スピーキング力

 

とおっしゃっています。

 

高級紙TIMEを読めるほどになるということは、

英語のセミプロ、つまり準ネイティブに値します。

(英語のセミプロを目指そうという趣旨でサイトを運営しています)

 

ということで、英語学習においては、

10,000~15,000wordsに到達するまでがコスパが良い、

という結果に行き着きました。

 

 

今の語彙数から2倍くらい増やす必要があるという現状が知れて良かったです。

 

 

なんだかんだ言ってボキャブラリーは英語力の大きい部分を占めます。

 

TOEICで高得点を取るためにも、まずはTest Your Vocabularyで現在のレベルを確認してみましょう。